このサイトは現在、社員専用の表示になっています。一般のお客様向けの表示に切り替えたい場合は コチラ をクリックしてください。

 

まずは眼科医による検査・診断を受けましょう。

コンタクトレンズは高度医療機器です。

コンタクトレンズは目に直接つけて使用するものです。使い方のルールをしっかり守らなければ、深刻な眼障害などのトラブルを引き起こしかねません。そのため、コンタクトレンズは、適切な管理が必要なものとして、心臓ペースメーカーや人工関節などと同じく、高度管理医療機器に指定されています。

高度管理医療機器とは、副作用・機能障害が生じた場合に、人の生命や健康に重大な影響を与える可能性があり、適切な管理が必要として厚生労働大臣に指定されている医療機器のことです。

まずは眼科で検査・処方を受けましょう

目にあわないコンタクトレンズの装用はさまざまなトラブルの原因になります。視力を矯正するレンズの度数はもちろんのこと、人によって目の表面のカーブなどが異なるため、レンズのフィット具合も調べなければなりません。

また、角膜(くろ目)や、まぶたに病気があったりドライアイであったり、アレルギー体質であったりするとコンタクトレンズ装用によって病状が悪化したり、他の眼病を引き起こすこともあるのです。快適で安全な装用のため、眼科医の検査と処方は必須です。

眼科医による検査がなぜ必要なの?

眼科医による検査であなたの目の健康状態を評価し、視力低下の理由が眼病等の原因によるものではないか、また、コンタクトレンズ装用に向いているかを判断することが第一の目的です。目の状態によっては、1日のうち数時間のみ装用が可能な場合もありますし、1日使い捨てのように毎日新しいレンズを装用することで、装用可能と判断される場合もあるのです。
さらに、あなたの最適なレンズの種類はもとより、度数やベースカーブなどの規格を決定するのにも眼科医による検査が必要です。

コンタクトレンズを安心してお使いいただくために

適切な取り扱い店で購入しましょう

眼科医の検査・処方なしにコンタクトレンズを購入することは、目にとって とても危険です。
検査・処方を条件としている取扱い店でかならず購入するようにしましょう。

眼科医による定期的な検査を受けましょう

コンタクトレンズの装用になれてくると、もう大丈夫だと思いがちになります。眼科に行くのも面倒になるでしょう。そのとき、あなたの目が危険にさらされているかもしれないのです。
眼障害の多くは、発症時にはほとんど自覚症状が現れず、痛みやかゆみを感じ始めた頃には、病状が進行していることがあります。
深刻な症状になる前に発見し、早めに治療するためにも、眼科医による定期的な目の検査が大切です。

ページトップへ