このサイトは現在、社員専用の表示になっています。一般のお客様向けの表示に切り替えたい場合は コチラ をクリックしてください。

 

乱視について

乱視とは

乱視とは、目に入った光がどこにも一点で集点を結ばない状態をいいます。乱視の主な原因は角膜のゆがみで、角膜のゆがみの方向は人によって異なります。

乱視を自覚している場合

視力矯正をしている人で、「乱視がある」と言われたことのある方は少なくありません。 乱視の主な原因は角膜のゆがみです。角膜は重力やまぶたの圧力の影響などにもより、きれいな球形であることは珍しく、実は多かれ少なかれ楕円形にゆがんでいるのです。

疲れ目の原因

乱視を正しく矯正していないとモノがハッキリと見えにくいため、目はいつもピントの合うところを探し続けます。
この見えにくいことに対するストレスが、眼精疲労につながることもあります。

乱視の矯正

乱視の目は、角膜のゆがみによって光を一点に集めることができないため、通常のレンズと併せて円柱レンズを使います。
角膜のゆがみの方向は大きく3タイプに分けられますが、それぞれのタイプに合わせてレンズを安定させれば、コンタクトレンズでも乱視を矯正することができます。

ページトップへ