このサイトは現在、社員専用の表示になっています。一般のお客様向けの表示に切り替えたい場合は コチラ をクリックしてください。

 

シリコーンハイドロゲルについて

より高い酸素透過性

角膜には、血管がないため、ふだんは涙を通して、空気中から酸素を直接取り入れています。
コンタクトレンズは、酸素がレンズを通るようにつくられているので、 レンズをつけていても酸素は角膜に届きますが、角膜に届く酸素の量は素材によって異なります。
レンズがどれくらい酸素を通すか(酸素透過性)が、目の健康には大切なポイントです。

優れた装用感

涙には、目の表面で広がろうとする性質があり、この性質によって目は乾燥から守られています。
コンタクトレンズを装用すると、 レンズをおおう涙が不安定になり、蒸発が進みやすくなるばかりか、レンズの中の水分の蒸発も進みます。
みずみずしさを保つためには、レンズ自体の保水力を高めることが重要です。

Vカットコンタクトレンズ

UVカット加工のサングラスは正面からの紫外線には有効ですが、デザインによっては側面から入り込む紫外線は防ぎきれません。 黒目(角膜)をカバーするUVカットコンタクトレンズなら、 すき間から入り込む紫外線の対策にも。
「つばの広い帽子」+「サングラス」+「UVカットコンタクトレンズ」の組み合わせがおすすめです。

ページトップへ